関西の逆痴漢イメクラ系デリヘルの体験談

痴漢といえば、電車などで女の子の身体を触る犯罪行為ですが、イメクラなどではよく見かけるプレイ内容です。しかし、自分のおすすめは逆痴漢です。女の子が男を痴漢するという普通の生活ではありえない設定です。しかし、ありえないからこそ興奮してしまいます。関西にそんな設定が可能なデリヘルがあるので、イメクラ系デリヘルに電話をしました。今では関西では店舗型イメクラもすっかりなくなり、派遣型デリヘルを利用したイメクラ遊びも勿論女の子は対応してくれません。正式にイメクラ系デリヘルを利用します。しかし、ホテルで女の子を待っている時間もいいものですね。シャワーを浴びて、女の子の準備が整うと逆痴漢が開始されます。アイマスクをした自分にスーツ姿の女の子が逆痴漢をしてきます。本当の痴漢のようにお尻や身体を触られてしまうのは、男なのにどうしても興奮してしまいます。ホテルの一室なのに、私の頭の中では満員電車の中で女の子に身体を弄ばれている姿をイメージしてしまい興奮が高まってしまいます。1度逆痴漢を体験したら、普通のプレイで満足できませんね。関西に存在する逆痴漢イメクラ系デリヘル。こちらをを進めします。

関西に存在する激安デリヘルの落とし穴

今回はとある関西の激安風俗店の体験談です。その日は給料日前で、行きつけの風俗やデリヘルに行くことができませんでした。しかし、給料日前といっても男ですから、ムラムラする気分は巻き起こってしまいます。なんとか解消しようと思い、普段使っていない激安を売りにしている関西のデリヘルを使いました。スマートフォンでお店のホームページを見ましたが、あまり容姿のきれいな女性は在籍していないようです。今回はなんとか我慢しようとも思いましたが、その日はどうしても性欲を解消したく、お店に電話をかけることにしました。ホテルで待っているとすぐに、女性が部屋に到着します。しかしながら、ドアを開けて対面した女性は、写真以上の落とし穴でした。たしかに激安が売りのお店ですが、ここまで容姿の悪い女性がいるとは思ってもいませんでした。なんとか目的を達成することはできましたが、満足いくものではありませんでした。お金を抑えようとして激安の関西のお店に行きましたが、やっぱり行きつけのお店にすれば良かったです。激安だけで選ぶと失敗しますね。

受け身になってもらうというコンセプトの関西の風俗店

今回利用したのは関西の風俗店です。「某口コミサイトを見たのですけど」で3千円割引きになりました。これはほんとにありがたいです。聞けば最初の1回目だけのようですけどね。平日の開店直後ということもあり、4人ほど準備時間無しで入ることができるとのことです。そのうちのヘルス嬢1人を選び、コースとコスチュームを選択し、総額を支払います。その後はウェイティングルームです。ウェイティングルームは7人ほど座れるスペースです。そこでどんなプレイ希望か、というアンケートを書くことになります。アンケートを書き終え、先客がすべてスタートしていき、いよいよ僕の番号が呼ばれました。ドアを開け、カーテンをくぐると、さっそく女の子とご対面です。記載年のころプラス5歳ほどでしょうか。ただ、写真とのギャップはそんなに無い感じの小柄の風俗嬢です。全体的に仕事もそつなくこなしてくれて、何より逝かせてくれようとする、サービス精神がすばらしいですね。 この関西のお店は、スタッフの説明にもありましたが、「思いっきり受身になってもらう」お店ということで、受け身の僕には大満足でした。関西圏内の男性に是非お勧めしたいですね。